アトピー肌におすすめのボディソープをお探しの方へ。我が家の体験談

アトピーのお子さんも楽しく洗えるボディソープ

今から20年ほど前。

お風呂上りに私の息子がこんな事を言いました。

お気に入りのボディソープでにっこり
このボディソープ、めちゃいい!普通に体を洗える!

息子の笑顔を見て、私はとても嬉しく思いました。

どうしてかと言うと、いつもはお風呂で体を洗うのが大変そうだったからです。

きっかけは、高齢者乾燥肌用のボディソープでした

当時の私は、リフォーム業を営んでいました。

ある日、取引先の洗剤メーカーさんが事務所にやってきました。

老人ホームに入居したお母さんのためにボディソープを作ったというのです。

洗った後にかゆみが

当時のボディソープは、人工香料や着色料をふんだんに使ったものが多かった時代です。

老人ホームで提供されたボディソープがお母さんの肌に合わなかったようなのです。

お風呂から出た後、すねや上半身がかゆくなってしまうという話でした。

刺激物を取り除く

そこでその担当者さんは、高齢のお母さんのためにボディソープを独自に作ってみることを決断します。

人工香料や着色料などを取り除いてなるべく肌に優しいボディソープを作ろうと試みたのです。

老人ホームで高評価

そしてようやく出来上がった試作品のボディソープは、お母さんだけでなく他の高齢者の人にも大好評だったそうです。

試しに他の老人ホームでも使ってもらったところ、高評価だったので商品化することが決定したそうです。

インターネットで売って欲しい

そのタイミングで私に声を掛けてくれたのです。

ボディソープを本格的に販売したいので、私にも協力してもらえないかという話でした。

「インターネットで販売することは可能だろうか?」と。

当時はまだ、今ほどインターネットが普及していませんでした。スマホなんて、まだ影も形もない時代です。

インターネットの接続も1分いくらとか、かかっていた時代です。(大昔のような話ですね(笑))

もちろん私もホームページを作ったことがありませんでした。

でも、これからインターネットが普及していきそうだったので、私もホームページ作りとボディソープの販売にチャレンジしようと思ったのです。

ボディソープの体験談

製品化されたボディソープを初めて見た時は、びっくりしました。

どうしてかと言うとボディソープの色が濃い紅茶のような色をしていたからです。

今まで使っていた市販のボディソープは、もっとキレイな色でした。

紅茶のような色になる理由は、カテキンを高配合しているからなんだと説明を受けました。

私自身は良さがわからない

その担当者さんは、肌に優しい低刺激なボディソープが作れたと自負していました。

でも正直言って、当時の私にはそのボディソープの良さが全くわかりませんでした。

市販のボディソープで体を洗っていても、赤くなったり刺激を感じたりしたことは一度もなかったからです。

メールマガジンでPRスタート

それから2ヶ月ぐらいかけてようやくボディソープを販売するためのホームページが完成しました。

そして、まぐまぐでメールマガジンを発行してみました。

私の予想では、「全身をすべすべにしたい女性の皆さん」が読んでくれるのではないかと思っていました。

ところが、ボディソープを購入してくださったのは、お子さんがアトピーで悩むお母さん達が大半でした。

お子さんを洗うのは大変

お母さん達からはこんなメッセージをいただきました。

子供が体を洗うのを嫌がるんです

お風呂から出た後、パジャマを着させるまでが毎日戦いのようです

そんな体験談をたくさん頂戴しました。

これなら洗えるという口コミ

そしてボディソープを試された後には、こんなメールをたくさん頂戴しました。

このボディソープは嫌がらない

子供がおとなしくしてくれているので、久しぶりに私ものんびりお風呂に入れました

アトピー肌にはお風呂は苦痛

お肌が敏感になっている時には、ボディソープなども刺激になることを私はこの時に初めて知りました。

息子の肌に異変が

ボディソープの販売をスタートして数か月後の話です。突然、私の息子の肌に異変が現れました。

全身が赤くなり、下着が擦れるだけでも痛がるのです。

皮膚科で診てもらったところアトピー性皮膚炎だということでした。

低刺激ソープの良さがわかる

当時はまだその前まで使っていたボディソープもお風呂に置いてありました。

息子に聞いたところ、ふたつのボディソープの違いは明らかでした。

以前のボディソープは、「絶対に使いたくない」と言ったのです。

ネット通販をスタートしたきっかけ

このことがきっかけになり、私はお肌に優しいものをいろいろ研究するようになりました。

そしてリフォーム業をやめて、本格的にネット通販をスタートしたのです。

低刺激にこだわりたい

それから10年ほど経過した時に、このボディソープはメーカーさんの都合により製造終了してしまいました。

そこで私は、取引があった他のメーカーさんに新しいボディソープ作ってもらうように依頼をしました。

今までの経緯をお話しして、痒くならない、低刺激にこだわったボディソープを作って欲しいと依頼しました。

皮膚に一番の刺激物は防腐剤

そのメーカーの工場長さんから、「肌に一番刺激を与える成分は防腐剤なんだ」ということを教えてもらいました。

お風呂の中は高温多湿なので、防腐剤は絶対に必要になります。

でも、防腐剤にも色々な種類があるようでした。

ローションや乳液などのスキンケア商品を製造する時に使う防腐剤は、低刺激なものが多いという情報も知りました。

新しいボディソープには、その低刺激なものを配合してもらうことになりました。

初代ボディソープの良い点を引き継ぐ

そして2代目のボディソープが完成しました。

肌が敏感な方でも、リラックスして体を洗えるようなコンセプトです。

小さなお子さんから大人、ご年配の方までご愛用いただいています。

アトピー肌におすすめのお風呂の入り方

ここからはボディソープ以外の情報です。

毎日のお風呂が楽しくなれる方法をまとめました。

ゴシゴシ洗わない

肌が敏感になっている時は、硬いナイロンのようなタオルでゴシゴシ洗うのはNGです。

泡で洗う

たっぷりの泡を使って手で洗ったり、柔らかい生地のタオルでやさしく洗いましょう。

なるべくお肌に摩擦ダメージを与えないことが大切です。

今は、泡そのものが出てくるボディソープもありますが、泡立てネットや泡ボトルでも優しい泡を作れます。

赤ちゃんを洗う時

私のおすすめは、泡ボトルを使って泡を作る方法です。

理由は、ボディソープの濃さを調整することが出来るからです。

泡ボトルを使えば、少量のボディソープでも良く泡立ちます。石鹸よりも使いやすいのもメリットですね。

塩素除去

水道水に含まれる塩素が刺激になる場合もあります。また古いマンションなどでは水道管の赤錆が発生する場合も多いです。

そんな時にはシャワー浄水器で、刺激物を除去する方法もおすすめです。

シャワーの注意点

シャワー自体が刺激になる場合もあります。お湯の温度もあまり高温にしない方が良いです。

また、泡で全身を洗った後はシャワーではなくバスタブに溜まったお湯を優しくかけるという方法もおすすめです。

今、アトピーで苦しい思いをされている方へ

アトピーの原因探しは本当に難しいです。

食べ物、飲み物、衣類、住環境、体温、口呼吸など原因がさまざまです。

原因は、どれかひとつの場合もありますし、複合的な場合もあります。

なので、心当たりがある原因をひとつひとつ解消していく必要があります。

例えば体温の場合

体温が36度未満の場合、アレルギー症状になる可能性が高くなると言われています。

冷たい物をなるべく控えて、代謝をあげる工夫が必要です。

食べ物の場合

ゆっくり噛んで食べていますでしょうか。

早食いは胃腸への負担が大きいので、なるべくゆっくり食事をするようにしてみましょう。

ストレスを感じやすい方

呼吸が浅くなっていませんでしょうか。

ホラー映画とかお化け屋敷などでは、呼吸は浅く早くなってしまいます。

ところが、ゆったり深い呼吸を心がけてみると、「恐怖心」がすこし和らぎます。

それと同じように、ストレスを感じたと思ったら、呼吸に意識を向けてみると良いです。

まとめ

ボディソープの記事を書いているうちに、息子がアトピーになった時の解消方法をいろいろと思い出しました。

必ず、「原因」になることがありますので、それを突き止めたら「排除」していくようにしてみてください。

そうすれば、きっといつかは笑顔を取り戻せます。